ヘイトの事前規制を求め報告書 川崎市の人権施策協議会

川崎市の福田紀彦市長の諮問を受け、ヘイトスピーチ(憎悪表現)対策について審議していた同市の人権施策推進協議会は27日、公共施設でのヘイトスピーチを事前に規制するガイドラインや差別全般に対処する条例制定などを求める報告書を福田市長に提出した。

大阪市では7月、ヘイトスピーチと認定した場合に個人や団体名を公表する全国初の抑止条例が全面施行されたが、憲法が定める表現の自由に配慮して事後の対応にとどめている。川崎市でガイドラインが策定されれば、事前に抑止する全国初の施策になる。

福田市長は「重く受け止め、取り組みにつなげたい」と述べた。

川崎市人権施策推進協議会

第2期川崎市人権施策推進協議会 委員名簿
青木 幸夫 市民公募
阿部 浩己◎ 学識経験者
阿部 孝明 市民公募
小野 通子 関係団体
金澄 道子〇 学識経験者
北井 大輔 市民公募
酒井 道子 関係団体
佐藤 芳昭 関係団体
関山 進 関係団体
長妻 郁子 関係団体
中野 裕二 学識経験者
朴 栄子〇 学識経験者
星川 美代子 関係団体