万引犯の画像公開は「自衛」か「人権」か!? 専門家「人権侵害」の見方に小売業界反論…常習犯「ブラックリスト」構想も

http://www.sankei.com/west/news/170220/wst1702200008-n1.html

万引被害を防ぐため、犯人とみられる画像を公開することは許されるのか。今月、各地の小売店が「万引犯」として防犯カメラ画像を公開していたことが相次いで判明した。専門家は名誉毀損(きそん)や人権侵害に当たると指摘する一方、薄利多売の傾向が強い業界の「苦肉の策」として心情的に理解できる側面もある。万引は警察に届け出があったものだけで年間11万件にも上る。それも氷山の一角とみられ、業界では常習犯の「ブラックリスト」をつくる動きまで出てきた。

死活問題だ」

「個人的には言いたいことは山ほどあるが、今は何も話せない」

今月上旬、万引犯とみられる人物の画像を店内に張り出していたことが明らかになった神戸市中央区の「セブン-イレブン」の店舗。画像を公開した意図について、男性店長はこう繰り返した。画像は顔をぼかす処理をしておらず、万引犯であることを示唆するように「全て見てますよ」と注釈を付けていた。

http://www.sankei.com/west/news/170220/wst1702200008-n2.html

http://www.sankei.com/west/news/170220/wst1702200008-n3.html

http://www.sankei.com/west/news/170220/wst1702200008-n4.html

しばき隊

LGBTの人たちが入居可能 物件検索サービス開始へ

反ヘイトしばき隊メンバーが、ヘイトスピーチしていた件 反天連=しばき隊

仏像を大量破壊した韓国人を批判することは、ヘイトスピーチ しばき隊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です